鍵紛失時、鍵開け後に空き巣被害を防ぐ対処法

鍵紛失時の対処法を学ぶ

鍵紛失時は、ほとんどの人が焦るかと思います。スベアキーが近くにあれば直ぐに鍵を開けることができますが、ない場合はその後の予定も台無しになってしまうでしょう。鍵開け後も、鍵交換などの防犯対策をしなければなりません。予め鍵紛失時の対処法を知っておくと、事が起こったときに落ち着いて行動できるでしょう。

落ち着いて周囲を探す

鍵紛失や空き巣被害は、忙しくバタバタしているときに起こりやすいものです。鍵紛失だと思ったときは、まず落ち着いて周りにないかしっかり探しましょう。カバンやポケットの中、机や椅子の上にあるのに焦っていて気付いていないということもあります。

帰宅までの行動を振り返る

鍵が近くに見当たらない場合は、鍵を最後に使用してから現在までの行動と通ってきた場所を振り返ります。帰宅時に寄ったスーパーで会計時に置き忘れたかも知れませんし、公園のトイレの水道近くに置いたかも知れません。普段何気なく行なっている行動パターンや癖に鍵紛失解決のヒントが隠れているので、できるだけ思い出しましょう。

大家・管理会社に連絡する

いくら探しても心当たりがないという場合は警察に遺失届を出し、大家さんや管理会社に鍵を失くしたことを連絡しましょう。遺失届を出しに行った際に落とし物として届け出があれば、鍵開けは必要ありませんが、鍵がコピーされていたら危険です。万が一を考えて鍵交換を行なうと良いです。

空き巣対策で鍵交換をする

鍵交換で防犯対策をする場合は、なるべく防犯性の高い鍵に変えた方が良いです。ただ、賃貸物件の場合、大家や管理会社が鍵交換やマスターキーの管理を行なっているため、鍵交換をする際にも相談する必要があります。

鍵紛失したときこそ空き巣対策を

普段、「そうだ、鍵交換をしよう」とはなかなか思わないものです。鍵紛失時が1つのきっかけになるでしょう。防犯性の高い鍵に変え、併せて防犯カメラや補助錠などを取り付けておけば、ピッキングされるリスクも減らせます。鍵開けや鍵交換を行なっている業者に空き巣対策を聞けば、効果的な防犯ができるでしょう。業者には防犯用の最新アイテムと技術が揃っているため、頼りになります。ピッキングが難しい鍵に変えてしっかり防犯対策を行ないましょう。

TOPボタン